ブログ

  1. 2017年後半の運勢

    【一白水星】これまで努力して来たことが一つの頂点に達する年ですが、好調な時と悪い事にムラがあります。今まで真面目に真摯に仕事などを行なって来た人は、その成果が出る時であり、誤った方針で進んで来た人は、ここでその総決算の時期が来るようです。

  2. 2016年8月の九星別運勢③

    【2016年8月の運勢】*8月7日~9月6日ご自分の九星が分からない人はこちらをご参考にどうぞ本命星一覧表「七赤金星」今月は運勢は悪い訳ではありませんが、体力が落ちる月でもあり疲れが感じやすい月でもあります。

  3. 2016年8月の九星別運勢②

    【2016年8月の運勢】*8月7日~9月6日ご自分の九星が分からない人はこちらをご参考にどうぞ本命星一覧表「四緑木星」今月は先月に引き続いて、とても運勢の強い月であり何事にも順調に物事が進みます。

  4. 2016年8月の九星別運勢①

    【2016年8月の九星別運勢】*8月7日~9月6日ご自分の九星が分からない人はこちらをご参考に本命星一覧表「一白水星」今月は新しい交友関係が出来たり、人と食事をしたりお酒を飲んだりする機会が多く楽しい一ヶ月となりそうです。しかしながら、体調が崩れやすい月でもあります。

  5. 2016年後半の運勢

    2016年の後半の運勢~これだけはやっておきましょう~【一白水星】今年は36年に一度の幸運期に突入しています。自分が今までやってみたかった事にチャレンジをしましたか?特に、「趣味・楽しみ事」は積極的にやっていきましょう。

  6. 「大寒の卵」で金運アップ

    「大寒の卵」とは、大寒の日に産まれた卵のことを言います。2015年でいうと1月20日(火)に産まれた卵になります。昔から「大寒の卵」を食べると「金運や健康運に良い!」と言われています。

  7. わかりやすい気学用語解説|恵方置き

    【恵方(えほう)ってなに?】恵方というのは、その年の「天のエネルギー」が満ちている方位で、1年間の天の恵みがある方位です。恵方の方位は、毎年の十干によって変わります。2015年の恵方は「庚(かのえ)」の方位です。

  8. わかりやすい気学用語解説|十二支(未)

    今年2015年は「未(ひつじ)」です。「未」という字は木の一本の枝が増えたのが「未」枝が増えているという事は太陽の光を受けて繁栄している事になります。枝が増えて葉っぱが沢山ついたという事になります。「未」は木から枝が一本増えて葉が茂る。葉が茂るから向こうが見えない。

  9. わかりやすい気学用語解説|恵方参り

    恵方参りは、お釈迦様が生まれて七歩歩き、右手を上に左手を下に指したことが起源になってます。 【恵方参りの日】•立春前後(2月4日前後) •春分の日 •夏至 •秋分の日 •冬至 •年2回の日盤切替え両日 ※恵方参りの日の前後1週間は有効です。

  10. わかりやすい気学用語解説|小児殺

    子供にとって極めて凶方の作用が強い方位となります。数えで10歳以下の子供さんがそれにあたります。引っ越しの移動や病院に行くときに特に注意が必要です。

名称未設定-1 名称未設定-2
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る