ブログ

九星と易の卦

強い心と意志を持つにはどうしたらいいのでしょうか?
九星の気の易の気が対応しており、
各九星の易の卦の三本の卦を観ていくと
そのヒントが隠されています。

■まとめ
3本バーの一番下は「行動」を表します。
陽ならば、行動力や推進力があるとします。

3本バーの真ん中は「心」を表します。
陽ならば、心が強くブレが無いとします。

3本バーの一番上は「頭脳や考え」を表します。
陽ならば、頭脳明晰で頭の回転が速いとします。

では、心の強さや意思に「陽の気」持った星を選び出してみると、この四つの星になります。

六白金星
七赤金星
四緑木星
一白水星

そうすると、心の強さや強い意志を持ちたい時は
どの星を吉方で取れば良いのかが分かります。

六白金星、七赤金星、四緑木星、一白水星の吉方、
または、北西、西、東南、北、の吉方が有効だといえます。

例えば、六白金星の人は凶の現象が出て来ると、
すべての責任を放棄して依存的になります。

依存心が強まって来ると他者や環境のせいにしたくなり、
日常的にグチが増えていく傾向があります。
裏返せば、グチの多さは依存心の現れともいえます。

陽極まれば陰となり
陰極まれば陽となる。

何事の過ぎたるは猶及ばざるが如しです。
六白金星の間逆の易卦の形は二黒土星の卦になり
二黒土星の凶作用の代表的なものは依存心となります。

逆に、二黒土星の吉作用というのは、従順と到役です。
依存心を取り除きたいならば、
二黒土星の吉方か、南西の吉方が良いでしょう。

今日は、吉方の取り方の応用編でした。

もっと詳しく知りたい方はメルマガにてご紹介しております。ご登録はこちらから♪
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UnuEvylTXz

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

名称未設定-1 名称未設定-2
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る