ブログ

なるほど方位学|未成年の吉方位の

気学が創設された当初は「20歳までは月命が吉、20歳を過ぎたら本命からの吉を使う」と言われておりました。
しかし。近年の気学では、下記の考え方をします。

10歳までは月命からの吉方位で選びます。なので、この場合は、本命殺に移動されても問題はありません。
10歳を過ぎたら、月命主体で吉を選びますが本命は必ず考慮します。

例えば、本命七赤月命三碧だとすると、10歳を過ぎたら本命、月命共に吉方の一白を使うのが最も良いです。
四緑、九柴は月命から吉、本命からは凶ですが、大きな問題はなく吉の作用は致します。

しかし、10歳を過ぎた本命七赤月命一白の場合は、七赤は月命の一白からは吉方ですが本命からは本命殺ですので、避けます。本命から凶である月命から吉である三碧、四緑えお使うようにします。10歳を過ぎたら本命殺は使ってはいけない。

18歳~22歳までの年齢は本命と月命の両方から吉方が理想的とは言えるが、月命からだけで良いとか、本命からだけで良いとかが微妙なラインとなります。

20歳を過ぎますと、本来の本命が主体となるわけですが、年盤、月盤が共に本命、月命共通の吉を使います。それが出来ない場合は、年盤は本命からの吉方、月盤では本命、月命の吉方からの吉の吉方を選びます。また、女性に限っては25、26歳までは月命からの吉を選んだ方が良いという考え方もあります。
また、2歳くらいまでのお子様は月命と共に、日命も考慮する必要があります。

もっと詳しく知りたい方はメルマガにてご紹介しております。ご登録はこちらから♪
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UnuEvylTXz

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

名称未設定-1 名称未設定-2
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る