ブログ

わかりやすい気学用語解説|日盤吉方取りの注意点

1.家から750m以上離れた場所を特定する
 ○自宅から半径750m以上離れると吉方の作用が働く
 ○距離×時間なので遠く行けば行くほど吉のエネルギーを取り込む事ができる。

2.なるべく午前中に行く
 ○吉方のエネルギーは太陽のエネルギーと同じなので
  太陽が沈む時間に行ってもあまりエネルギーを取り込む事ができない。
  午後になる場合は、距離と時間を多めにとる。

3.その場で温かい飲み物や食事をする
 ○吉方のエネルギーを効果的に取り込むために「火」と「水」のエネルギーを取り込む。
 ○温かい飲み物がない場合は冷たい飲み物でもよい。

4.その場に5~20分は最低すごす
 ○その場所に長くいればいるほど吉方のエネルギーを取り込む事ができる。
 ○時間がない場合は飲み物や食事のテイクアウトでも良い。
 ○自分からよい「気」を取りに動いたというその姿勢が大きくプラスに作用する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

名称未設定-1 名称未設定-2
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る